英米言語文化入門A(2009年7月21日)

2009年7月21日分の出席表ファイルを以下に登載します。

「英米言語文化入門A(2009年7月21日)出席表ファイル」をダウンロード

なお、前回に書いていただいた出席表は、不十分または不適切なものが多くありました。「自分の見解」と「思ったこと」はまったく異なります。「思います」は感想文にすぎません。すこしきびしい表現ですが、感情移入をして印象を述べることは、「ブレヒトのまなざし」ではなく、かれが否定しようとした演劇の形式です。つまり、講義の主題がわかっていない、ということになります。

もとめられていることを的確に回答してください。

| | コメント (0)

英米言語文化入門A(2009年7月14日)

2009年7月14日・21日の2回分の講義を担当します。

講義用の資料は下のリンクをクリックして確認してください。資料はすべて印刷すると7ページになります。いずれも講義で利用しますので、印刷するか、パソコンにダウンロードするかして、見ることができるようにしておきてください。閲覧に必要なパスワードは大学の掲示板で連絡しておきました。

講義は1限目ですので、前日までに作業を済ませておくことをオススメします。

「英米言語文化入門A(2009年7月14日)講義資料」をダウンロード

| | コメント (0)

英米言語文化入門A(2008年7月8日)

基本的に講義や演習で使用する資料とレジュメは、このウェブログをつうじて配布します。講義室で印刷物をくばることはしませんので、講義の前までにかならず自分で資料類を確認し、必要なものは持参してください。要・不要についても、みなさんが判断することです。

「英米言語文化入門A(2008年7月8日)講義資料」をダウンロード


| | コメント (0)

英米言語文化入門A(7月10日)

講義は前回のつづきです。講義資料と講義レジュメは前回のエントリからどうぞ。

以下に登載したのは、やはり前回にお話ししたレポート課題と注意事項です。

「レポート課題と注意事項」をダウンロード

| | コメント (0)

英米言語文化入門A(7月3日)

受講生のみなさん、こんにちは。7月3日と10日の講義を担当します栗田和典です。授業のファイル(PDF形式)をアプロードします。授業の当日までに確認の上、持参してください。とくに、講義資料(計6枚)はお忘れなく。

なお、各ファイルには著作権を考慮してパスワードがかかっています。ご注意ください。「英語で読む英米文化入門A」の受講者の方は、同授業のファイルとおなじパスワードです。その他の方には、6月26日の授業の最後で、澤田先生につたえていただきます。

「英米言語文化入門A(7月3日)講義レジュメ」をダウンロード
「英米言語文化入門A(7月3日)講義資料」をダウンロード

| | コメント (0)

【重要】英米言語文化入門Aのレポート

受講生のみなさん、本日が提出の締切日です。

これまでに提出されたレポートにざっと目をとおしましたが、

  • 全体で段落が一つしかない。(論説文は、序論・本論・結論や起承転結という構成によって、複数の段落から構成されます。)
  • 鉛筆書きのままで提出された。(消える用具で書かれたものは、下書きとみなします。)
  • 主語―述語の不一致、指示代名詞の指示内容の不明、「です・ます」調と「である」調の混在、といった基本的な作文技術のミスが散見される。
  • パソコンやワープロで作成したものも、手書きのものも、どちらも読みにくい。

といった不備が目立ちました。せめて、上記の4点には充分に注意をはらってください。

もちろん、2/14回分でなく、しっかりと書いてくださっている方もいらっしゃいます。

| | コメント (0)

英米言語文化入門A(7月18日)

講義レジュメと講義資料は、7月11日のエントリをご覧ください。おなじものを使用します。以下は、講義終了後にあった問いあわせにたいする回答です。

質問)パスワードをいれて資料を閲覧・ダウンロードしようとすると、ブラウザの表示画面が白くなってしまうのですが。
回答)おそらく、PDFファイルリーダ(Acrobat Reader)のヴァージョンがやや古いことから生じた不具合です。最新のヴァージョンをインストールするか、べつのリーダ(Foxit Reader)などをためしてください。

質問)パスワードをいれると、「パスワードが正しくありません。Caps Lock がオンでないことを確認した上で、入力し直してください。」と表示されます。Caps Lock ってなんですか。
回答)まず、自分のアクセスしようとしている資料が、自分の受講している授業のものかどうかを確認してください。パスワードは授業ごとに異なります。かならず、カテゴリーが「英米言語文化入門」になっていることを確認しましょう。
 つぎに、Caps Lock とは、「Shift」キー+「Caps Lock 英数」キーを同時に押すことで、それ以後は、通常のキーボード操作でアルファベト大文字が入力される状態になったものをいいます。解除するには、もう一度、「Shift」キー+「Caps Lock 英数」キーを同時に押します。

質問)Hogarth 以外の画家をレポートしてもかまいませんか。
回答)それはまったく自由です。むしろ、歓迎します。

質問)この授業は出席をとりますか。
回答)とりません。
 語学の授業などはべつにして、すくなくともあたしは、授業にでることそのものを最優先事項であるとは思っていません。もちろん、出席しなければ考える材料を得ることができませんが、授業中に何も考えることをせずに、授業を理解する努力をすることなしに、ただそこに存在するだけ(mere attendance)のことに価値を見いだせないからです。逆にいえば、授業にでたからといって、ほぼ自動的に評価されるわけではありません。
 出席云々にこだわっているような、おろかな“高校4年生”のような質問は、それじたいがきわめて不快ですね。

| | コメント (0)

英米言語文化入門A(7月11日)

受講生のみなさん、こんにちは。4月の最初の授業=ガイダンスを担当しました栗田です。7月11日と翌週の18日の授業のファイル(PDF形式)をアップします。11日までに確認の上、持参してください。なお、各ファイルには最初の授業でおつたえしたパスワードがかかっています。ご注意ください。

講義レジュメ:「20060711.pdf」をダウンロード
講義資料:「20060711source.pdf」をダウンロード

| | コメント (0)

英米言語文化入門A(第1回)

1年生のみなさん、はじめまして。2年生以上のみなさん、今年度もよろしくお願いいたします。

第1回目は、英米文化コース教務委員として、オムニバスでおこなわれるこの講義の概略を紹介するとともに、レポートの作成について要点を講義します。前・後期あわせて10名の教員に10本のレポートを提出していただきますので、最低限の作法について理解しておいてください。

講義資料は↓のリンクからダウンロード/印刷してください。ファイル形式はPDFです。パスワードによる閲覧制限がかかっていますので、授業に出席しないと確認できません。
講義資料:「「20060411.pdf」をダウンロード

| | コメント (0)