原典講読II4A(2008年7月4日)

日本語の論文を読むような予告をしましたが、適当なものがみつかりませんでした。次善の策として、英語の史料を読んでもらおうと思います。史料は前々回にお見せした、Samuel Badham の裁判記録です。

前々回に欠席した方、配布したものを紛失してしまった方、現代のアルファベットで読みたい方は、下のリンクからプリントをダウンロードしてください。順番はこれまでどおりです。パスワードは、これまで読んできた論文のタイトルの最初の7文字に設定してあります。

「Samue lBadham の裁判記録」をダウンロード

| | コメント (0)

原典講読II4A(第2回)

意外に受講者が多いようなので、ちょっととまどってしまいました。第1回の授業で合意したようなやり方ですすめます。よろしくです。

なお、おつたえし忘れましたが、著作権にすこし配慮をして、ファイルにパスワードを設定してあります。パスワードは、論文のタイトルの最初の単語(7文字で大文字をふくむ)です。

「Hitchcock2005.pdf」をダウンロード(印刷用美麗版。ファイルサイズ=約3MB)

「Hitchcock2005OCR.pdf」をダウンロード(文字検索可能。ファイルサイズ=約500KB)

| | コメント (0)

原典講読II4A(第1回)

受講生のみなさま、簡単な案内しかしませんでしたが、おつかれさまでした。まさか受講生がいらっしゃるとは……やや意表をつかれて狼狽してしまいました。来週からテクストをあつかいます。ていねいにゆっくりと読んでいきましょう。

「20060414a.pdf」をダウンロード (文字検索可能=パソコン利用向き)
「20060414b.pdf」をダウンロード (美麗版=そのまま印刷向き、ただしファイルサイズが大きい)

それぞれにパスワードの閲覧制限がかけられています。パスワードは相談してきめたとおりです。うまくいかないばあいは、「コメント」でご連絡ください。

| | コメント (0)