« イギリスと日本(第5回) | トップページ | イギリスと日本(第6回) »

英米文化論B(第6回)

多文化主義や宗教的な寛容の問題は、過去も現在も、人びとの課題でありつづけます。簡単に答えのさがせないものだけに、授業でも迷うところがあります。歴史を勉強している者としては、過去の営みから謙虚に学びたい、というしかありません。

現代イギリスの多文化主義については、たとえば、木畑洋一(編)『現代世界とイギリス帝国』(ミネルヴァ書房、2007年)があります。参考にしてください。

エスニックをあつかう2回目の授業です。

「英米文化論B(第6回)講義レジュメ」をダウンロード

「英米文化論B(第6回)講義資料」をダウンロード

|

« イギリスと日本(第5回) | トップページ | イギリスと日本(第6回) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イギリスと日本(第5回) | トップページ | イギリスと日本(第6回) »