« ヨーロッパの風土と文化A(第6回) | トップページ | ヨーロッパの風土と文化A(第7回) »

英米文化論A(第7回)

前回にみた『勤勉と怠惰』のなかから、公開処刑の図像を検討します。栗田がもっとも得意とする分野は、犯罪や処刑の問題ですので、受講生のみなさんにも興味をもっていただければさいわいです。

「英米文化論A(第7回)講義レジュメ」をダウンロード
「英米文化論A(第7回)講義資料」をダウンロード

|

« ヨーロッパの風土と文化A(第6回) | トップページ | ヨーロッパの風土と文化A(第7回) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヨーロッパの風土と文化A(第6回) | トップページ | ヨーロッパの風土と文化A(第7回) »