« イギリスと日本(第8回) | トップページ | 英米文化論B(第9回) »

シンポジウム「広域ヨーロッパの将来」

公開シンポジウムのご案内です。学生のみなさんは申しこみ手続きが不要です。よろしくお願いいたします。

静岡県立大学創立20周年記念事業 公開シンポジウム
広域ヨーロッパの将来

第1部 拡大ヨーロッパ経済のダイナミズム

■ 講演
拡大ヨーロッパ経済とユーロ圏の行方――ユーロは世界の基軸通貨になるのか
藤田 誠一(神戸大学大学院・教授)


第2部 ヨーロッパはどこまで拡大を続けるのか

■ 基調講演
ウクライナ――EUとロシアの狭間で
アレクサンドル・スシュコ(ウクライナ平和・転換・外交政策研究所長)

■ パネルディスカッション
ムラト・ビルハム(元トルコ外務省戦略問題研究所長)
アレクサンドル・ニキーチン(モスクワ国立国際関係大学教授)
ミハイ・カープ(NATO危機管理政策局作戦部・副部長)

主催 : 静岡県立大学創立20周年記念事業実行委員会
共催 : 静岡県立大学広域ヨーロッパ研究センター設立準備会
日時 : 2006年12月8日(金)13:00~17:00
場所 : 静岡県立美術館講堂
参加費 : 無料 ただし要申込
お問い合わせ先 : http://sangaku.u-shizuoka-ken.ac.jp/event/
ご案内ファイル(pdf)をダウンロード

|

« イギリスと日本(第8回) | トップページ | 英米文化論B(第9回) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イギリスと日本(第8回) | トップページ | 英米文化論B(第9回) »